夜の小樽運河

北海道小樽市 376
小樽港は北海道開拓の玄関口として発展してきました。当時は、大きな船を沖に泊め、はしけ(台船)を使って荷揚げしていましたが、取り扱う荷量が多くなり、運搬作業を効率的に行う必要が出てきました。艀(はしけ)が接岸できる距離を長くするために、海面を埋め立てることによってできたのが「小樽運河」です。
小樽運河は、大正12年に完成し、内陸を掘り込んだ運河ではなく、海岸の沖合いを埋立てて造られたため、直線ではなく緩やかに湾曲しているのが特徴となっています。
しかし、時代が変わり戦後になると、港の埠頭(ふとう)岸壁の整備により、その使命は終わりを告げることとなりました。
昭和61年、運河は、十数年に及んだ埋立てを巡る論争の末に一部を埋立て、幅の半分が道路となり、散策路や街園が整備された現在の姿に生まれ変わりました。
運河の全長は1140mで、幅は道道臨港線に沿った部分は20m、北部(通称:北運河)は当初のまま40mとなっています。
散策路には63基のガス灯が設置され、運河沿いの石造倉庫群は当時の姿のまま残されておりレストランなどに再利用されています。
夕暮れ時には、ガス灯がともるとともに石造倉庫群がライトアップされ、昼間とは違った雰囲気を演出しています。

※小樽運河の施設情報
・フェンスは市の木であるシラカンバをモチーフにしています。
・運河沿いにはモニュメントが3体あります。
・散策路は、サイコロ状の御影石がイチョウ模様に埋め込まれています。
・4か所のポケットスペースには、小樽の歴史を題材にしたレリーフがはめ込まれています。
・写真撮影スポットとしても有名な浅草橋街園には観光案内所もあります。
・冬は、イベント小樽雪あかりの路の会場にもなります。
ID:1000002788

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。